忍者ブログ
転職について思った事をひたすら書くブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どんどん年令が上がっていくほど、新たな転職は難しくなっていくとされるのが普通です。

それでは、転職を考える僕達は一体どういったやり口を活用して欲しい情報を入手して、実際の行動を始めて行っているのでしょうか?

成功した例よりわかる事は結構見つかると思います。
ハローワークの中では職探しを支援する為にビジネススキル開発のトレーニングを開いています。職業訓練校の事ですね。

就活中の人であれば大体料金は無料で参加(入校)する事が可能です。
ただし意識しなければならないのは「年齢」ですね。

勉強するにしても後戻りが出来ない年齢まで達している人は悠長にしてられません。


35~が転職行動をやって行くと、やっぱり雇用側の立場からたいてい結婚しているかや子供のことについて聞いて来られます。

その中でも四十代既婚者で小さなお子様がいらっしゃるような環境であるとすると、お子さまの体調不良や予期せぬハプニングへの対処方法などについて聞かれることが増えます。

現在の仕事をしているうちは無料の講習ですとか職業訓練を使うという事は困難ですが、例えば通信の資格教育のような空いている日や時間にでもおうちで勉強可能なやり方であればどなたでもすぐにスタートできるでしょう。

ですが、当たり前ですが家族と暮らしながら資格の勉強をするのはかなり大変ですし、年齢や将来のこともあるのでプレッシャーも大きく勇気が要ります。


逆に期間工だったら、業界が慢性的な人手不足なので転職活動を頑張らなくても比較的簡単になることが出来ます。初年度の年収も400万↑のところが多いので、金銭的な面でも申し分ないと思います。

期間工とは期間従業員のことで、大手メーカーの工場に期間従業員として勤務している人のことです。期間工については詳しく解説してるブログがあるので、そちらをご覧ください。



期間工ではなく、デスクワークの仕事を探す場合は年齢がとにかくネックになってきます。スキルも求められるケースが多いので、自分磨きの為にも何かしら勉強をした方が良いのは間違いないです。揺ぎ無い自信をもって就職活動ができる様なオリジナルの強力な武器を見付けて行って下さい。

個人的には迷ったり壁にぶち当たった時は期間工を選択すれば間違いないと思います。
肉体労働で大変な仕事になりますが、年収が高く真面目に働いていれば切られる危険性もないので、おすすめです。
PR
リンク
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]